ページトップへ戻る

院長ブログ

トップページに戻る

カテゴリ「独り言」のブログ記事

点鼻薬の上手な使い方

2021年3月21日 カテゴリー:,

北名古屋市にある みやもと耳鼻咽喉科の宮本です。

 

 

朗報です!!

 

 

多分・・・朗報です!

 

 

というのは

 

 

今年のスギ花粉のピークは、多分・・・過ぎてます。

 

 

明らかに過去2年より早くピーク(2月下旬)が来てますね。

 

と言っても天気が良いのでボチボチと飛散しています(3月下旬)ので、花粉対策は継続してください。

 

そして、スギ花粉の後には、ヒノキ花粉・カモガヤ花粉が続きます。

 

よく診察時に質問されますが、

Q.良くなったら薬をやめても良いですか?

Q.症状の軽い日は内服を減らしても良いですか?

 

A.花粉飛散以後ずっと刺激を受け続けているため、身体は反応しやすい状態にあります。

花粉の飛散状況・天気・体調・お薬の効果などにより、症状に波があると思います。

 

 

さて、本日の主題に入ります。

 

点鼻薬というとみなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

 

おそらく

 

「鼻づまりを早急に改善するために使うもの」

 

と認識されている方が多いのではないかと思います。

 

 

使ったことのある方は、

 

「1日に何度も使って、だんだん効きが悪くなっている」

「時々使ってるけど効果ないから使ってない」

 

と思われているのではないでしょうか。

 

診察で処方する点鼻薬は3種類あります。

 

①抗ヒスタミン薬の点鼻薬(私が医者になりたての頃は処方していました、今は・・・)

②ステロイド点鼻薬

③血管収縮剤の点鼻薬

 

当院では主として②ステロイド点鼻薬を処方しています。そして、あまり子供さんにはオススメしませんがどうしても鼻づまりのつらい方に③血管収縮剤の点鼻薬を処方しています。

 

ステロイド点鼻薬の正しい使い方は、症状の強い時のみ時々点鼻するのではなく、薬剤により1日の点鼻回数が決まっていますので、定期的に毎日使用していただくと強い効果を発揮します。つまりステロイドは、即効性はそれほどありませんので、時々単発で使用しても適正な効果を得られず、効かない印象を持たれてしまうことになります。

 

③血管収縮剤の点鼻薬は、鼻づまりに即効性があります。正しく使用していただければ良い薬剤です。ただし、鼻づまりが強く効果が切れる度に、1日に何度も長期間使用し続けてしまうことがあります。そうするとだんだん効かなくなり、点鼻回数が増える悪循環に陥ってしまい、鼻粘膜が肥厚してしまう薬剤性の肥厚性鼻炎になってしまいます。くれぐれも使用回数・方法を気をつけてください。

 

ステロイドを怖いと思われるかもしれませんが、体に摂取されるステロイドの量は、

内服薬よりもとても少ないため、全身への副作用は少ないです。

もちろん、正しく使用して、お薬の利益を使って、快適に過ごしたいですね。

正しく知識を持って、正しく恐れていれば問題ないと考えます。

公式LINEの友達追加もお願いします。

公式Instagramのフォローもお願いします。

開院15周年!ありがとうございました

2021年2月2日 カテゴリー:,

北名古屋市にある みやもと耳鼻咽喉科の宮本です。

 

地域の皆さんに信頼される「みみ・はな・のどのかかりつけ医」を目指して

15年前の2月2日に開院いたしました。

当院はおかげさまで開院15周年を無事迎えることができました。

ありがとうございました。

 

 

 

2月1日を研修日とし、2月2日に新しいシステムが稼働することになりました。

 

期せずして同じ日となり、

新しい「みやもと耳鼻咽喉科」にリニューアルしての第二の開業日と思っています。

 

一昨年の時点で、数年以内に使用している電子カルテの入れ替えをしなければならない状況となり、電子カルテの選定に入っていました。

選定に際して、開院以来15年分の患者さんの情報を、滞りなく・漏れなく移行することを第一条件としました。その上で、耳鼻咽喉科で使用しやすい機種を選ばなければなりませんでした。

 

開院時の導入は、白紙からのスタートである意味簡単です。

しかし、既存のデータがあるため入れ替えはかなりハードルが高く、責任を持って対処してくれる電子カルテメーカーさんは少数でした。その中で、信頼できる満足できるご縁がありました。

そして、入れ替えの苦労を乗り越えると、そこには新しい可能性が広がっていました。

 

稼働の時期は少し遅れます(2月中旬)が、以前の電子カルテではできなかった

自動精算機の連動が可能になりました。

このwithコロナの時代においては、感染予防の点で一助になると思っています。

 

電子カルテの入れ替えをきっかけにして、

院内の設備をかなりアップデートいたしました。

①昨年末よりウェブ問診の導入。

②電子カルテの入れ替え

③自動精算機の導入

④レントゲン機器の入れ替え

 

スタッフ一同一生懸命に研修を行い、極力ご迷惑をおかけしないように万全を期していますが、それでもご不便をおかけすることがあるかもしれません。

新しいシステムに慣れるまで温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

公式LINEの友達追加もお願いします。

難聴が認知症を悪化させる!その2

2021年1月27日 カテゴリー:,

北名古屋市にある みやもと耳鼻咽喉科の宮本です。

 

前々回のブログで難聴について書きました。

前回のブログで難聴と認知症について書きました。

 

治療可能な難聴疾患の場合は、なるべく早期に治療を行いましょう。

 

加齢による難聴や治療での改善が望めない難聴の場合は、

補聴器を使用することになります。

 

こちらのページもご覧ください。

 

耳鼻咽喉科専門医からの警鐘です。

補聴器はどんどん進化しています。

もちろん合わない方もみえると思います。

経済的な理由もあると思います。

耳に掛けるタイプや耳穴の中に入れるタイプなど目立たない補聴器もあります。

ご友人や他の方の評価を鵜呑みにしないようにしてください。

すぐに購入する必要はありません。

数日借りて家で使うことができますので、まずはご自身で生活の中で試してみてください。

補聴器は購入したら、直ぐに快適に使えるものではありませんので、

個々の難聴の状態に合わせた調整が必要です。

したがって、認知機能が低下する前に補聴器に慣れることが重要です

 

ご本人が使いたくないと言っても、ご家族が使ってもらえるよう説得するべきです。

 

私に苦い経験があります。

現在95歳になる祖母がいます。

当時、認知はそれほど問題なく、中等度の難聴で、当然補聴器を勧めていましたが、

本人はうるさい、合わないとつけようとしませんでした。

昨年、突然自力で立つことができなくなり、色々あって介護のできる施設に入所しました。

環境が突然変化し、難聴も進行し、いくら勧めても補聴器を使ってくれませんでした。

その結果、認知機能の低下を来し、どんどん認知症が進行してしまいました。

もう補聴器を新たにつけるのは手遅れでした。

もしかして認知症かな?と思ってから、難聴に対して補聴器の使用を始めるのは困難です。

 

もう一度言います。

いくらご本人が使いたくないと言っても、

ご家族が使ってもらえるよう何度も説得するべきです。

なぜなら、後になって苦労をするのはご家族だからです。

(もちろん難聴でみんなが認知症になるわけではありません)

 

難聴による認知機能の低下を減らしたい!

難聴による認知症の発症を一人でも減らしたい!!

 

耳鼻咽喉科専門医として補聴器の使用を積極的に勧めていくことが使命だと思っています。

 

公式LINEの友達追加もお願いします。

難聴が認知症を悪化させる!その1

2021年1月21日 カテゴリー:,

北名古屋市にある みやもと耳鼻咽喉科の宮本です。

 

前のブログで難聴について少し書きました。

さて今回お伝えしたいことは、難聴と認知症の関連についてです。

 

2015年に政府が、認知症の対策強化のための新オレンジプランを策定し、

認知症発症予防の推進に取り組み始めました。

 

新オレンジプランに挙げられている認知症を引き起こす危険因子

加齢

高血圧

難聴

喫煙

糖尿病

遺伝

頭部外傷

 

難聴になると、小さい音が聞こえないので、周囲からの情報が少なくなります。

  ⬇️

コミュニケーションが難しくなると、周囲との関わりを避けるようになります。

  ⬇️

徐々に社会・家族との交流が減少します。

  ⬇️

認知機能の低下を引き起こします。

 

こちらのページもご覧ください。

 

難聴になるとすぐに認知症になるというわけではありません。

 

難聴と認知機能低下の関係を示した研究があります。

1年の加齢による認知機能の低下を比較した研究によると、健康な人の認知機能テストのスコアは0.5低下であったのに対して、25デシベルの難聴のある人のスコアは3.86低下でした。

つまり、「難聴」により約7倍の認知機能低下が引き起こされる可能性があるということになります。 (出典:Lin FR:Journal of Gerontology,2011 National Health and Nurtritional Examination Survey)

 

難聴を自覚したら、まずは耳鼻咽喉科を受診し聴力検査をしましょう。

あるいはご家族でしたら、ご本人に耳鼻科受診を進めてください。

 

 

公式LINEの友達追加もお願いします。

難聴により困っているのは誰?

2021年1月12日 カテゴリー:,

北名古屋市にある みやもと耳鼻咽喉科の宮本です。

 

難聴には、いろいろな原因がありますが、30代から始まっていると言われています。

 

加齢による難聴では、一般的に高い音から聞こえなくなってきます。(下図)

「ア」「イ」「ウ」など母音は、比較的低い音で音量が大きく、

「サ」や「タ」など子音の成分は音量が小さいです。

そのため、高音部の難聴によって会話中の子音が聞き取りにくくなります。

言葉の音はなんとなく聞こえてるけど、子音の部分が聞き取れず、

言葉として意味が理解できなくなります。

 

 

難聴のある方は、

」は聞こえるけれど「意味」がわからない

NHKのアナウンサーの話し方は理解しやすいけど、〇〇の話はわかりにくい

などと診察で言われます。

 

 

日常でこんな事がありませんか?

・テレビの音が大きいと家族に言われる

・会社の会議や習い事などで聞き取れない

・友達多数との会話がわからないため楽しめない

・意味が聞き取れないので、適当に頷いている

 

 

もちろんご本人には、難聴によって様々な不都合が生じます。

しかし、それだけでなくご家族も、あるいはご友人も困っている場合が多いと思います。

 

 

外来で補聴器を勧める機会が多々ありますが、

「私は、今は不自由していないから、まだ使わないで大丈夫です。」

と言われる事がよくあります。

 

しかし、ご家族が日常で不自由していて

「治る病気であれば治療して欲しい。」

「治らないのであれば、補聴器を使って欲しい。」

と願っている場合が多いと思います。

 

ぜひ自分だけでなく、ご家族の負担も考慮して難聴に対する対策を考えましょう!

 

公式LINEの友達追加もお願いします。

1 / 1112345...10...最後 »