ページトップへ戻る

院長ブログ

トップページに戻る

2019年11月のブログ記事

父の手術

2019年11月14日 カテゴリー:

北名古屋市にある みやもと耳鼻咽喉科の宮本です。

 

ある日、父が時々黄色い鼻水が出るというので、

 

診察したところ左鼻腔にそれほど大きくない腫れを認めました。

 

一部とって検査をしたところ、悪性化する可能性のある良性腫瘍という結果でした。

 

これは手術しなければいけないということで

 

自分も勤務していた懐かしい病院(と言っても近代的に建て替えられた)で手術をしてもらいました。

 

木曜日でしたので朝早く病院に駆けつけ、患者の家族として病室から手術室に見送りました。

 

信頼できる先生にお任せし、心配しながら 安心もできて 

 

無事終わることを祈って待機しました。

 

 

予定より早く終了し病室に帰ってきました。

 

執刀していただきました先生から、無事取り切れたこと・摘出した後に遺残がないことを

 

伝えてもらい、安堵いたしました。

 

 

今は自分で執刀はしませんが、患者さんの環境や病気に対してベストな選択を

 

常に念頭において オーダーメイドの治療あるいは紹介 を心掛けています。

日帰りバス旅行

2019年11月7日 カテゴリー:

北名古屋市にある みやもと耳鼻咽喉科の宮本です。

 

年に1度の日帰りバス旅行に行ってきました。

 

今年は伊賀のモクモクファームと湯の山のアクアイグニスに行きました。

 

 

ゆったりした貸切バスで快適に移動します。車内はすっかり女子会!

 

初めてのモクモクファームに到着しました。

 

まずは記念写真

 

みんなでソーセージ作りをしました。

 

  

 

その後、渋滞にはまったが 湯の山のアクアイグニスに移動

 

おしゃれな建物でした。

 

有名なパティシエの辻口氏のケーキをいただき、お土産を買って帰りました。

 

みんなで楽しい一日を過ごせました。

 

幹事の2人に感謝です。

ビリギャル

2019年11月4日 カテゴリー:

北名古屋市にある みやもと耳鼻咽喉科の宮本です。

 

「ビリギャル」って知ってますか?

 

ベストセラー「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を

 

元に有村架純さん主演で映画化され大ヒットしました。

 

この著者は、ビリギャルが通った塾の先生だった坪田信貴氏です。

 

今回聴いてきたのは、ビリギャル本人の小林さやか氏の講演でした。

 

地元愛知県の方です。

 

家庭の話や塾の話や色々と講演されました。

 

今は、自分の経験も含めて教育やコーチング・心理学などを

 

学問として体系立てるために、再度大学院に入学されています。

 

•Beingで褒める 

  存在自体を褒める・認める

 

•メッセージの主語を変換する

  Youメッセージ(勉強しなさい) 

    →  Iメッセージ(私はあなたに勉強して欲しい)自分の願望と理由を伝える

 

今日の学んだことを実践していこうと思います。